最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ミドルコミュニケーション宣言!

「R1_0319.MP3」をダウンロード

テレビとラジオとインターネット。すべてを通ってきたからこそ、僕に出来ることを考える。

文章を書くツールとしてのMac

 エルゴソフトがegword universalの開発を中止してしまったので、ワープロソフトを乗り換えなければならなくなった。マイクロソフトのWordは動作がもっさりなのでパス。起動からして最新型のMacでも11秒もかかる。一刻も早くアイデアをメモしたいとき、これでは使えない。あと、字組が不自然でみづらい。こういう雑文ならまだしも、作詞の場合、文字の並びが美しくないと萎えてしまう。フリーウェアのエディタも考えてみたのだが、待てよ、まずはアップル純正のiWork’08に入っているPagesを試してみよう、と思った。札幌駅前のビックカメラへ。Pagesがインストールしてあるマシンを探し、とりあえずiMacで開いてみる。起動は約7秒。これなら許容範囲内か。ソフト自体のインターフェイスはさすがアップルだけあって、普段使っているSafariやMail、iTunesと共通した落ち着いたデザイン。これならいけそうだ。と一安心したところで、iMacのキーボードが気になった。このApple Keyboardはなかなかに評判がいいのだが、僕にはストロークが浅すぎる。ついでなので色々な現行Macのキーボードを試してみよう。
 まずは最も高価なMacBookPro。僕が自宅で使っているPowerBookG4の後継だから、期待してしまう。ところが意に反して、この銀色のキーボードは柔らかすぎる。そして、キーとキーの間がなだらかすぎて、キーを移動している感覚がない。暗闇で自動的に光るキーボードは魅力的だが、ちょっと「ものを書く道具」としてエレガントすぎるような気がした。次にMacBook白。うん、これはいい。かたかたと小気味よいタッチ。ボディに穴が開いてキートップが顔を出しているという、このモデルで初めて採用されたメカニズムは成功しているようだ。ゴミも溜まりにくそう。ついでにとなりのMacBook黒。おや? 何か、白と違う。指が滑る。と思ってよーく見たら、キートップの表面がツルツル。あらためて白を見てみると、こちらはちょっとざらついている。結構、この違いは大きいぞ。黒はボディデザインの関係でツルツルのキートップを採用したのだろうが、これは白の圧勝だ。一度お試しあれ。
 最後に話題のMacBookAirを恐る恐る触ってみる。基本的にはMacBookと同じ。キートップは黒だが、ツルツルではない。そして、MacBookよりちょっと高級感がある。困ったぞ。文章を書くツールとして、PagesをインストールしたMacBookAirというのは、かなり魅力的。CPUの速度やインターフェイスの拡張性などから、作曲にもMacを使いたい身としてはAirは帯に短し......なのだが。もしもお金に余裕があったら、インターネットとワープロ用途のみでAirが欲しい。すごく欲しい。
 そんなわけで、文章を書く道具として僕のMacランキング第1位は、MacBookAir。2位iMac(Apple keyboard)、3位MacBook白、4位MacBook黒、5位MacBookProとなった。ビックカメラに行くまで、最も欲しいMacだったProが最下位というのはショック。願わくば近日といわれるモデルチェンジで、ProのキーボードがAir的なものになって欲しい。それで24万8,000円くらいなら買っちゃうのだが。
 そしてこのコラムは、自宅のPowerBookG4にPagesのトライアル版をダウンロードして書いている。Pagesは非力なG4でもきびきび動いてくれる。egword universal2の後釜はこれに決めよう。
 
 

デジタルザウルス044:サクサク作成君とEG Word とPS3

今まで使ってきたソフトがある日突然使えなくなる......そんな悪夢のお話。

「R1_1.29.MP3」をダウンロード

デジタルザウルス005:高校生は携帯禁止!

新企画「朝刊拾い読み!」


「R1_0002.MP3」をダウンロード

デジタルザウルス予備配信第4回

「R1_0013.MP3」をダウンロード

今日は
みっくみっくにしてやんよ

たまにはWindowsから更新

今、作曲用のウィンドウズPCからこれを書いています。寒くなってきたので、暖房代をけちるため、文章作成用のマックがある部屋にはなるべく行かないことにしてみました。灯油、高いもんね。それにしても文章を書くにはウィンドウズは糞。とにかくフォントが汚い。「機械を使わされてる」って感じがしてクリエィティブじゃない。MacOSXのヒラギノフォントはなめらかで気持ちが安らぐ。Vistaはどうなのかな? でも、メモリが1GBないと満足に動かないOSってなんなのさ。しかも家電量販店にはデフォルトで512GBしか載ってないマシンをVistaで売ってるし、平気で。
ウィンドウズのいい点も書いておきます。安い。以上。
マックだって今やインテルのCPUを使ってる以上、ウィンドウズマシンでMacOSXが動いてもおかしくない。ジョブズ、やってくれないかな。そうしたらこれからも両刀遣い続けるからさ。ああ、レパード(レオパルド?)が26日に出るらしいね。いきなり「あ、そうそう、ワンモアシング。今度のOSXはウィンドウズにもインストールできるんだはっはっは。」とか発表しないかな。

もしそれをやっても、マックのシェアが今より落ちることはないと思う。だって両刀遣いからいわせてもらうと、WinPCってホントデザインがだめ。ただかっこ悪いだけじゃなくて、「長く使ってもらおう」という作り手の気持ちが感じられない。使い込む、手になじんでいく、って感覚がないんだ。特にノート。そこいくとMac、僕のはチタニウムのPowerBookG4だけど、もっと速くて多機能な新製品が出ても買い換えようという気にならない。壊れるまで大事に使おうと思わせる何かがある。
嘘だと思うなら、だまされたと思って中古のPowerBook、そうだな、10万円くらい?出して手に入れてみるといい。ちょっとぐらいの遅さを補ってあまりある使いやすさに気がつくと思う。それは結局仕事や作業の効率にもつながって、幸せになれるよ。

さあ、これだけほめたんだから、アップル関係者が見ていたら、iPodTouchちょうだい。