最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ただおじちゃんのこと。

 ウチの親戚に、ミュージシャンは僕が2人目。
最初の一人は父の叔父、つまり大伯父にあたる人で、名前が「忠夫」なので「ただおじちゃん」と皆は呼んでいた。何度か抱っこされたことをかすかに憶えている。
 ただおじちゃんは戦時中、海軍の軍楽隊でサキソフォンを吹いており、戦後は札幌NHKの専属のような形で仕事をしていたらしい......。らしい、というのは、なにしろ叔父ではなく大伯父だから、僕がサキソフォンを吹くただおじちゃんをリアルタイムで見たことはなく、音源も残されてはいないから。僕がミュージシャンになると決めて上京したとき、ただおじちゃんは「やめておけばよいのに」と嘆息した、と母から聞いている。
 先日ふと、「ただおじちゃんはどの艦に乗っていたのだろう」と思って調べると、それは「長門」だった。ワシントン軍縮条約の頃に造られた巨艦で、多くの海戦を経て傷つきながらもついに沈まず、戦後米軍に接収される。最後はビキニ環礁で、原爆実験の「的」となって一生を終えた。
 その「長門」に乗っていながら、ただおじちゃんは生きて還ってきた。結核にかかったため。サックス吹きが結核にかかったら、それは仕事を続けられるはずがない。戦争の末期、ただおじちゃんは札幌の南、簾舞という地域の療養所にいた。
 しかも、ただおじちゃんの結核は軽快したのだ。そしてNHK札幌放送局で劇伴や、のど自慢のバックバンドなどの仕事をこなした。今考えると、基礎体力の高さと運の強さが備わってこそ、の長いミュージシャン生活だったのだろう。できることなら、ただおじちゃんの演奏を聴いてみたかった。

 20年ほど前、プロモーションで訪れた名古屋の、FM生放送でのこと。パーソナリティーの中に「良く当たる」と評判の占い師がいて、「あなたの後ろには白い軍服を来たひとが見える」といわれた。

僕は占いは信じない。

東京、バンドとともに。

ついに、東京でバンドスタイルのライブが決定しました。 7/16(水)Live Spot Terra 西荻窪。スタートは20:00です。 以下、メンバー紹介。 ベースにセンチメンタル・シティ・ロマンスでも活躍中の瀬川信二。ドラムスには瀬川とも多くタッグを組み、相曽晴日「TEAM晴日」の一員でもある赤間慎。キーボードにはBirthday Suit 時代のスコアをすべてアーカイブしている盟友、恩田直幸。そしてギターには...... 20年来の友人であり、京都RAGでのライブにも毎回駆けつけてくれる名手であり、小田和正F.E.C.B.不動のメンバー、稲葉政裕。 僕自身、とても楽しみにしています。どうぞ、チェックしておいて下さい!

4月13日、ひさびさ東京の、ライブハウスです。

たまには東京でも、マイクとPAのある環境で歌ってみま

す。卯月の真ん中、東京の桜は咲いている頃でしょうか.

.....ゲストなどの情報は随時追加していきます。ご

予約はこのイベントへの書き込みか、お店への電話、いず

れでもOKです。
2014年4月13日
開場18:00 開演18:30
チャージ2,500円(別途1ドリンク)
二部構成

問い合わせ:Blue Moon 03-3481-5653(夜18時以降)


5月2日はノーマイク、ノーアンプワンマン@下北沢lete

l e t e [レテ] は、お店の空間自体が楽器のようです。響くというより「良く鳴る」という感覚。

元来、Barとして営業を始めたときに、オーナーの町野さんが

「店に入ってきたお客様が、自分の靴音を耳に心地よく感じるように」と

なんと! 床下に流し込んであったコンクリートを抜いてしまったのだとか。

つまり、あの木の床の下には空洞があるわけで、確かにギターを弾きながら足踏みをすると

独特の柔らかい反動を感じますね。

下北沢も訪れるたびに何だか品のない町になって、住んでいた頃とのギャップにガッカリすることもありますが、こういう個性的なお店が一本入った路地にある風情はやはり下北沢独特のものだと思います。

予約は l e t e HPで来週から。23名限定です。

http://www.l-ete.jp


52日(木)

Open 19:30 / Start 20:00

Charge 予約¥2,500 + drink / 当日 ¥2,800 + drink

HPがお引っ越ししました。

http://www.makoguma.info/

新しいHPにはブログも含まれているので、こちらに書き込むことは少なくなると思います。
どうか、覗きに来てやって下さい。
「IMG_blog.jpg」をダウンロード

松崎真人 with“THE BAND”@ 京都LiveSpotRAG

Facebook等SNSでの告知が先行してしまいましたが、今年はやります!
いつもの豪華メンバーで。京都RAG。
ギターに小田和正F.E.C.B.の稲葉政裕。ベースは難波弘之センス・オブ・ワンダーをはじめ、数々の日本ロック史上重要なバンドを渡り歩いてきた田辺モット。ドラムスには、もんた&ブラザースのマーティー・ブレイシー。そしてキーボードには、RAGはもとより、関西で多くのセッションを重ねているChiezo。4年前、初めて一緒に音を出したこのメンバーと、昨年のお休みを挟んで、2年ぶりの京都木屋町RAGです。

このライブには色々と逸話がありまして、「しあわせのライブ」と呼ばれているとかいないとか。お互いのラジオネームしか知らないどうしが一目会って恋に落ち、結婚→この春目出度く出産。とか、「松崎って誰?」な女性を誘ってみたら一気に交際が進展、この夏結婚、とか、
ライブを観た年に執筆した処女作が文学賞を受賞して今は作家になった女性とか。

もちろん、ドームをいっぱいにするようなコンサートでは無数の人生ドラマが繰り広げられて当然ですが、RAGのキャパを考えると、これは結構自慢していいのではないかと(笑)。

とにかく「曲を知らなくても、音楽好きなら絶対に楽しい」という、
まあ、ヒット曲がないからこそ出来る自由なライブなんですけれども。

このメンバーで、ゆくゆくはツアーを回るのが夢、なのですが、
まず今年は皆さんが、新幹線や飛行機代を払ってもナットク+αの内容に
することをお約束します。6月1日、京都で会いましょう。

(日時)2012年6月1日(金)18:00開場、19:30開演
(ところ)ライブスポットRAG  075-241-0446
     京都市中京区木屋町通三条上ル 京都エンパイヤビル5F
(料金)前売り3,500円 当日4,000円(別途2オーダー)
ぴあ  167-022
ローソン 58414   
http://www.ragnet.co.jp/club_access.html

【あらひろこ&松崎真人】@のや~音楽はいつだって交わっている~

北欧フィンランド古来の弦楽器、カンテレをご存知ですか? 
その形と音は、スコットランドやアイルランドを経由して
アパラチア山脈の民族音楽へと連なる音楽の旅を想起させます。
アパラチアン・ミュージックはカントリー・アンド・ウエスタン~フォークのご先祖様。
カンテレ奏者、あらひろこさんとの共演では、そんなことを頭のすみっこに置きながら
歌を編んでいこうと思っています。 
どうか、この古くてあたらしい音楽の試みに足をお運び下さい。

松崎真人

(日時)2012年4月21日(土)18:00開場、18:30開演
(ところ)レストランのや  011-210-5105
     札幌市中央区北二条東11-23-14  苗穂駅徒歩5分
(料金)2,500円 (別途オーダーをお願いします)

TOMと松崎真人と沼倉 真

3月31日(土)
国分寺MORGANA(モルガーナ)
http://www.h2.dion.ne.jp/~morgana/access/index.html
開場19:00開演19:30
料金 1500円+ワンドリンク

TOMとは四半世紀前から音楽友達。でも、対バンは初めてです。いろんな壁がぶっ壊れたんだなあ...と思います。音楽の街・国分寺で盛り上がりましょう!

君の嫌いな東京も秋は素敵な街

311のちょうど7日前に下北沢lete[レテ]で歌ってから、半年が過ぎました。思えば、あれが僕の見た最後の『311以前の東京』でした。11月19日(土)またlete[レテ]で歌います。311後に書いた曲を軸に、生声、生ギターのみで。予約はhttp://www.l-ete.jp/

日本のオールディーズが生まれた日。

キャンディーズのベストBOXが売れているという。

当時を知る人間が懐古で聴くだけでなく、
新しい世代の人気、再評価を得て、ポップスの1ジャンルになったのがオールディーズ。

アメリカでは'73年のご存知、ジョージ・ルーカス監督作品
「アメリカン・グラフィティー」で'50年代のロックンロール誕生前後の楽曲が
多数リバイバル・ヒット、サントラ盤は今も定番商品。

今回、キャンディーズは、「スッカスカのJ-POP」を見放した2010年代の20代〜30代に
支持を広げると思う。
日本のオールディーズの夜明け、である。
そりゃ、YouTubeで当時の歌番組を見たら、ベスト盤買いたくなるさ。

ありがとう。スーちゃん...田中好子さん。そしてランちゃん。ミキちゃん。
当時、制作や宣伝に関わった多くの熱意ある業界人の皆さんにも感謝。

«街角に音楽があることは